仲介手数料を無料とする不動産仲介業者が増加

インターネットの普及とともに、物件をオンラインで探すケースが増えたためもあって、不動産仲介会社の中には、仲介手数料を無料とするところも出てきています。多く見られるのは、借り手や貸し手に対し、仲介手数料を無料とするケースです。不動産仲介業社が得られる仲介手数料は、上限が決まっており、賃貸物件の場合は、家賃のひと月分です。これは、家主から受け取る分と借り手から受け取る分を合算しての額です。
住宅不足が続いていたつい最近までは、仲介手数料は借り手がすべて支払い、家主は広告料という名目で家賃のひと月分を支払うケースが多く見られました。インターネットが普及する前は、広告費がかなりかかっていました。しかし、広告はインターネットでおこなえるようになりましたから、仲介業者はそれほど広告費をかけずに済むようになっています。そのため、家主に請求する広告料も下げる仲介業者が出てきています。また、家主が了承すれば、仲介手数料は借り手に請求せず、すべて家主が支払うようにしている仲介業者も増えています。
賃貸市場は最近、物件不足から供給過多へと変わったため、空室が目立つようになってきました。空室になるのを避けたい家主は、家賃を下げずに入居者を確保する方法として、礼金や契約更新料、仲介手数料を無料にすることが多くなっています。仲介料を借り手にすべて支払わせることをせず、家主負担とすることで、空室の期間を短くできるなら、そのほうが得策となる場合が多いです。現在は周辺の物件との競争がありますから、こうしたさまざまな方策がとられています。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
首都圏のデザイナー賃貸物件の高い人気のエリア トップ10

家主だけでなく、不動産仲介業者も、この大きな変化に対応しています。ちょうどインターネットが普及した時期であったこともあり、仲介業務の効率化が進み、仲介料や広告料を値下げすることも可能になってきました。不動産仲介は、地元の業者に依頼するのが通例でしたが、インターネットの普及により、必ずしも地元の業者に依頼しなければならない状況ではなくなってきています。仲介料や広告料が低めの仲介業者を選んで依頼することも可能です。
インターネットの普及で、不動産の借り手も買い手も、不動産業者の店舗に足を運んで探すケースばかりではなくなっています。今後はますます、インターネットで物件を探す借り手や買い手が増えてきそうです。その状況にいち早く対応し、業務の効率化を進めることができた仲介業者は、仲介料をさらに下げていく可能性もあります。