不動産売買を行う仲介業者を利用するメリットとは

不動産を売却したい時には仲介業者と媒介契約を結んで家の売却を手伝って貰う人は多いと言えましょう。
媒介契約には複数の業者と媒介契約を結ぶ事が出来る一般媒介契約、媒介契約を結ぶ事が出来るのは1社のみになる専任媒介契約と専属専任媒介契約の3種類があります。
一般媒介契約は、不特定多数の不動産会社と契約が出来る反面、親身になって貰えないケースもあります。
これに対し、専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合は、契約を結んでいるのは1社のみになるので独占が出来るなどの仲介業者にとってメリットが大きくなります。
ちなみに、専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは、販売活動の報告や指定流通機構への登録までの期間の違いなどになります。
専任売買契約の場合は、媒介契約締結日か7日以内に指定流通機構に登録が必要で、専属専任媒介契約の場合は5日以内に登録をする義務があります。
販売活動による報告については、専任売買契約の場合は2週間に1回以上、専属専任媒介契約の場合は1週間に1回以上の報告義務があります。
不動産売買を依頼する場合、誰もが悩む事は、仲介業者との媒介契約の種類かと思われますが、媒介契約の特徴を把握しておく事が不動産売買において重要なポイントになります。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
デザイナーズマンションって何がいいの?

尚、不動産売買活動を行っている時に、知り合いが自宅を購入したいケースもゼロではないかと思われますが、専属専任媒介契約は自己発見取引禁止の特約があるため、自分で購入希望者を見つけた場合でも、必ず仲介業者に報告を行う、そして仲介手数料を支払う必要があります。
一見、専属専任媒介契約はメリットがない媒介契約に感じる人も多いかと思われますが、自己取引の場合には不動産登記や売買契約などを代理人として務めてくれる行政書士を見つけなければなりませんし、代金の支払いなどについても自分が行わなければなりません。
しかし、不動産売買を仲介業者に依頼している場合は、業者が指定する行政書士に依頼が出来る、不動産売買に関係するすべての業務の代理人を務めて貰えるなどのメリットもあります。
尚、一般媒介契約は不特定多数の業者に依頼が出来るメリットがあるので、仲介業者の中でも親身になって相談に応じてくれる業者が複数存在している場合には、短期間で不動産売買が成立する可能性もありますし、それぞれの媒介契約は3か月間などの期間になりますが、契約を更新する事で引き続き同じ業者に不動産売買を手伝って貰う事が出来ます。