不動産売買で重要な仲介業者の仕事を知っておこう

不動産売買の取引を行う際には、仲介業者という不動産を購入する人と販売する人の双方を仲介する業者を介さなくてはいけません。これは、取引をする初めから決まっている事であり、売買取引だけではなく賃貸借取引でも当てはまることなので、売主・貸主を問わずに仲介業者に取り持ってもらうことになっています。こうした仲介業者を利用した契約のことを一般的に媒介契約と負います。媒介契約は、国土交通時代人が告示する媒介契約に関する約款によって規定されていることであるため、よほど特別な事情が存在しない限りは仲介業者が売買の仲介を行って取引を行わなくてはいけません。媒介契約は自動更新ではなく、当人同士の意思表示によって更新されることになりますが、契約の更新がないからと言って媒介契約が必要にならないことを意味するわけではないことに注意が必要です。仲介業者の仕事は、基本的に不動産を売りたい人と買いたい人の取引をスムースにすることにあります。例えば、ある物件を所有している所有者がその物件を販売したいと考えている場合、その売主は所有している物件に関して宣伝を行ったり、それに伴う広告を作成しなくてはいけません。不動産を生業として売買取引を行っている会社ならば話は別ですが、物件や土地を所有している人の中には収益物件としてそれらを管理している個人の所有者も存在します。自身で不動産を管理する時間が存在しない人も多いですし、こうした人たちがスムースに取引ができるように代わりに物件や土地の宣伝を行ってくれるのが仲介業者なのです。実際に、仲介業者に依頼をすると宣伝や広告をかわりに行ってくれ、取引まで全て所有者の代行として処理してくれます。仕事として取引が成立した場合には、土地や物件を所有していた元の所有者は、売買の代金から得た利益の何%かを仲介をしてくれた業者に対して支払わなくてはいけません。この費用に関しては、仲介手数料という名目で支払うことになります。仲介手数料は、法律によって初めから上限が決められているものであるため、その上限の範囲内で業者が求める金額を報酬として支払うことになります。売主としては、事前にどの程度の費用が掛かるのかを内訳として出してもらっておくと良いでしょう。また、不動産を探す購入希望者も、仲介業者を利用すれば自身が望む物件や土地を業者が代わりに探してきてくれますので、余計な手間をかけずに希望する取引を行うことができるようになります。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
デザイナーズ賃貸専門の仲介業者とはどこがおすすめ?