不動産売却時の仲介と買取の違い

不動産を売却するのであれば、もちろん個人ですべての手続きをするという方法もありますが、一般には不動産会社に相談をして、その査定を受けた上で、買取または仲介という方法をとることになります。したがって、不動産会社に売却を依頼するとはいっても、仲介と買取のどちらにするのかによって、その中身が大幅に異なるということになります。
より一般的であるのは、仲介によって不動産売却を行う方法のほうです。この場合は、依頼をした会社というのは、文字通り仲介役であるので、実際に取引をしているのは、個人である売主と買主ということになってきます。依頼を受けた会社のほうとしては、たとえば、契約書の原案を作成したり、新聞やチラシ、インターネットで物件の広報宣伝を行ったり、購入を希望した人に対して現地を案内したりといった、本来であれば売主自身がしなければならないことを、代わりにするサービスを引き受けたということになります。
この場合ですが、売り出し価格を多少高めに設定しておくことで、より有利な条件で売却ができる可能性があるほか、その他の条件についても、基本的には売主と買主との協議によるものとなりますので、自由度は高いということができます。そのかわり、不動産会社には、その売却金額に応じた仲介手数料を支払わなければなりませんので、高く売れれば売れた分だけ、経費のほうも大きくなってくることになります。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
デザイナーズ賃貸物件とタワーマンションはどっちがおしゃれ?

いっぽう、買取についてですが、こちらは不動産会社に対して直接的にその物件を売却する場合のことを意味しています。そのため、不動産会社が出してきた買取価格の見積書にもとづいて売却をすることになるため、手続き的にはスピーディーにとりはからってもらえるというメリットがあります。
その反面、プロの目線で物件の価値を査定していますので、相場よりも価格的には安くなってしまうか、それと同等というかたちになるのがふつうです。ただし、宅地建物取引業法の規定が適用されるなど、個人の買主とは立場が異なりますので、瑕疵担保責任については、原則として個人の売主が負わなくてもよいなどといった利点はあります。
このように、不動産会社を経由して売却をする場合であっても、仲介か、買取かという違いが、価格面やサービスの面にかなりの違いをもとらしてしまうということがわかります。そのため売却を決めたのであれば、あらかじめこうした方法の違いについても、よく検討をしておいたほうがよいといえます。