不動産の売却方法の種類とは

土地、建物のような不動産の売却を検討しているという場合、まずはその地域で営業をしている不動産会社に相談をするというのが、一般的な売主の行動ということになります。しかし、ひとくちに不動産の売却とはいっても、その方法にはいくつか種類があるものであって、その種類の差に応じて、誰が買い取るのか、また金額はどのようになるのかといった重要な部分に違いが生じてしまうものです。そのため、こうした方法の種類をまず理解して、そのなかでのメリット、デメリットを比較の上で、実際の契約にのぞむべきものといえます。
不動産売却のなかでも、もっともポピュラーな方法としては、不動産会社に仲介を依頼するというものがあります。これは、売主個人としては、物件情報を広くアピールしたり、購入希望者に現地案内をしたり、実際に売買契約書を作成したりといった、知識やノウハウがないということを踏まえて、適当な会社にすべてを一任してしまうというものです。
そのため、依頼を受けた会社はあくまでも仲介であって、実際に売買契約を結ぶのは、売主である個人と、買主である個人ということになります。価格としては当事者間で合意すればそれでよいということになりますので、基本的にはより高額で売却できる可能性があるというメリットがあります。
その反面、なかなか買主が見つからず、何か月も放置されてしまっているということも多く、そのたびに販売促進のために価格を引き下げなければならないといった、悪循環に陥ってしまうようなこともありますので、要注意という部分があります。
いっぽう、不動産会社に対して直接その不動産物件を売却するという、いわゆる買取とよばれる方法もあります。この場合、買主は当然ながらその会社ということになりますので、仲介の場合のように、別に個人の買主を探さなくてもよく、スピーディーに現金化ができるというメリットがありますので、仲介で一定の期間を経過しても購入希望者があらわれない場合に用いるということも可能です。

デメリットとしては、やはり会社が相手となりますので、物件の状態について、シビアに査定されてしまい、売却価格が仲介の場合よりも少なくなってしまいがちであるという部分があります。そのかわりに、瑕疵担保責任といって、引き渡し後に欠陥がみつかった場合の補修や賠償などの責任については、原則的には問われることはありませんので、その点は安心であるといえます。