媒介契約にもとづく不動産売却の仲介

土地やマイホームといって不動産を売却するにあたっては、適当な不動産会社に相談をした上で、その物件の購入を希望する人を見つけ出し、契約を仲介してもらうというかたちが、一般的なありかたであるいえます。こうした不動産売却にともなう仲介を依頼する契約のことを、宅地建物取引業法などの法令では、媒介契約という専門用語で呼んでおり、実はこれにもいくつかの種類がみられます。種類ごとにその内容が微妙に異なっていますので、売主としての希望にあっているのかどうかを理解する必要があります。
まずは専属専任媒介契約と呼ばれているものですが、これはただひとつだけの不動産会社に仲介を依頼する契約であって、他の会社との重複については認められていません。また、売主がみずからのつてによって買主となる人を見つけてきたとしても、かならず契約をした会社を通じて取引をしなければならないことになっています。
このように、他の契約形態と比較をすると、いろいろな拘束があるというのは事実ですが、依頼を受けた会社としても、仲介手数料が確実に手に入る期待が大きいということになりますので、他の物件よりも力を入れて宣伝などの活動をするものです。その結果として、あまり人気のない物件であっても、成約にこぎつけることができる可能性は高くなるといえます。
専任媒介契約は、さきほどの専属専任媒介契約と同様に、ひとつの会社とだけ契約をする方法ですが、売主が知人、友人などを買主としてみずから見つけてきた場合には、その会社を通さずに契約ができる形態となっていて、拘束は多少弱めているという形になります。
一般媒介契約は、複数の不動産会社に対して、重複して仲介の依頼をすることができる契約の形態となります。売主がみずから買主を見つけた場合も、やはり依頼した会社を通す必要はありません。そうした意味では、もっとも拘束のない契約の形態ということができます。このタイプが適しているのは、人気のある物件を売却しようとしている場合で、複数の不動産会社を競わせて、よりよい条件を提示した購入希望者と最終的に売買契約を結びたい場合です。
このように、不動産売却を依頼する場合の契約については、種類ごとにそのメリットとデメリットが異なっています。状況によって、契約をするタイプが限定されてくる場合もありえますので、そうしたことを理解した上で、ふさわしいものを選ぶのがポイントとなってきます。