仲介売買の不動産に関する責任は業者にある

不動産を、仲介売買を利用して行った場合には、その責任は仲介業者にあるのであって、本人にはありません。この場合には、本来の所有者から業務の委託を受けている業者が、その取引に関する責任を負う必要があります。原則として、不動産売買を行う際には、仲介業者という業者を利用して、不動産を預かっている会社とそれを購入したい人は取引を行わなくてはいけません。こうした仲介売買に伴う契約は媒介契約と呼ばれているモノであり、物件を紹介することに関する契約をあらかじめ締結することによって成り立っています。仲介業者は、不動産を所有している不動産会社が兼任しているケースと、全く無関係の会社が本当に仲介だけを請け負っているケースの二つがあります。基本的に、不動産会社が仲介業者を兼任しているケースでは、取引に伴うほとんどの責任はこの仲介業者が背負うことになるので覚えておくと良いでしょう。そもそも、不動産会社が仲介業を兼任するときには、法律的な規定によってさまざまな制約をかされることを余儀なくされます。例えば、仲介売買を行うとはいっても、実際に管理している建物がまだ未完成であった場合には、兼業をしている会社はこの建築物を売買取引の一環として販売することを認められています。この場合、業者は行政庁の許可を得てその物件を販売しても良いのかの許可を得なくてはいけません。これがあったときに、新築物件などの未完成品などの売買を行うことが可能になります。これは、普通の売買取引とはかなり違っている点なので知っておく必要があります。仲介業を兼任している会社は、自身にとって都合の良い取引を行いやすい立場にあるため、法律によって仲介業者が有利になりすぎないように様々な制約を設けています。未完成品に関する売買取引の制約もこの一環であり、知っておく必要があります。また、契約に伴う手付金に関する制限が存在するのも特徴です。直接的に取引を行っている仲介業者は、手付金を解約手付として受け取らなくてはならない義務がありますので、取引に関するリスクヘッジの手段を買い主から奪うことは認められていません。住宅や土地を保有している業者が仲介業者を兼業しているケースでは、直接的な取引が容易になりますので双方のリスク管理の手続きも重要になってくることを理解しておきましょう。一方だけに責任を押し付けるのは法律に反しているので、双方が納得をした形で取引ができるように考えられています。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
デザイナーズ賃貸物件の見分け方