不動産仲介における売買契約の流れについて

不動産仲介会社を通して売買契約を行う時、売主は査定から始まり、買主は物件選びからスタートします。

売主の場合、所有する不動産を売却する事になった場合は仲介会社へ連絡をとり査定の依頼を行います。数ある仲介会社の中からどこを選んでよいか悩む場合は、不動産サイトを利用して一括査定を行うのも良いでしょう。査定の際には、不動産会社の営業担当者が物件を実際に見にきます。リノベーション歴、設備の状況、眺望等をみて査定額を提示します。査定額が納得いくものであれば媒介契約(専属専任、専任、一般の3種類となっております)を結ぶ流れとなります。担当者に全てを任せて売却を進めていきたいという人には3種類の中でも一番宣伝力の強い専属専任をおすすめします。媒介契約を結ぶと間取り図の作成や物件情報を他社にも公開するので、内見希望者が見つかれば内見となります。内見依頼がなかったり、内見しても申込みにつながらない場合は販売価格や内容の見直しが必要となる場合もあります。購入希望の買主が現れた場合は購入申込書が提出されます。ほとんどの場合は多少の値引きを要求されますので、ある程度覚悟しておくと交渉もスムーズに行われる事でしょう。

買主の場合は、不動産屋へ足を運んで物件情報を提供してもらったり、不動産サイトを利用して条件に合う物件を見つけて担当者とコンタクトを取って内見という流れになります。内見して気に入った物件があった場合は購入申し込み書の記入となります。価格の交渉もこの時点で行う事になりますので、担当者とよく相談の上で希望購入価格を記入する事となります。ですが、人気の物件であれば購入申込書が何件も同日に重なる事があります。基本的には申込書の提出順に交渉権がありますが、ほぼ同時の場合は、希望申込価格の高い人に決まったり、ローン利用ではなく現金購入の人が優先されたりということもあります。物件が気に入った場合は、他に良い買主が現れる前になるべく早く売買契約に持ち込むと良いでしょう。

不動産の仲介業者を無駄なく選ぶには?
東京の賃貸物件はどこが人気??

売買契約成立後は買主はローンの手続き、売り主は抵当権抹消手続き等が必要となります。司法書士とともに所有権移転書類の作成を行い融資実行とともに残金の支払いが行われます。(ローン利用、抵当権ありの場合)
残金の支払いが済み次第、鍵を買主に渡して物件の現地確認を行い問題が無ければ取引完了となります。

以上が売買契約についての流れとなります。不動産仲介会社は個人間売買で起こりやすいトラブルを回避する役目を担っています。売主と買主の間に入りそれぞれをサポートする事で円滑な取引が出来るのです。