信頼できる不動産仲介業者の選ぶ時のポイント

不動産の売買をする時に仲介業者選びは重要です。個人間で取引を行うことができないわけではありませんが、高額な取引になることがほとんどですから、トラブルを避けるためにも信頼できる不動産業者に間に入ってもらい取引を行うほうが安心できます。では、信頼できる仲介業者を見分けるポイントはあるのでしょうか。

まず仲介業者のタイプを判断することが重要です。土地や戸建て住宅を中心に扱っている会社、マンションを中心に扱っている会社など、一口に仲介業者といっても得手不得手があります。マンションばかり扱っている会社に土地売買の仲介を依頼してもうまくいくとは限りません。あらかじめどんな物件の取扱が多いのかを調べて、自分が仲介を依頼したい不動産の種類に合わせて会社を選ぶ必要があります。

営業マンの信頼度はさらに重要です。同じ会社の営業マンでも誰が担当するかで結果が変わってしまうことはよくあることです。営業マンには会社から与えられた営業ノルマなどの課題があります。会社側の都合でなんとか取引を成立させようと顧客の不満からは目をそらし仲介を進める営業マンもいます。しかし、依頼する側としては顧客の立場に立って親身に話をしてくれる営業マンでないと安心できません。

ですから、担当の営業マンをチェックして、信頼できるかどうか判断しなければなりません。身だしなみや言葉遣いのチェックはもちろんのこと「素人にもわかりやすい言葉で説明してくれるか」「曖昧な説明はないか」「マイナス情報も隠さずに伝えてくれるか」などを見ることで信頼度を計ります。宅地建物取引主任者の資格があるから信頼できると安易に考えずに、自分の言葉に責任を持ち、真摯に取り組んでくれる営業マンなのかを見極めましょう。

もちろん、大前提として不動産会社が信頼できる会社であることは言うまでもありません。しかし、大手だから安心できるとは限りませんし、営業年数が長いから信頼に足るというわけでもありません。大手企業の看板だよりに殿様商売をしていることもありますし、中小企業だからこそ大手に負けないように真剣に仕事に取り組んでいる場合もあります。

大切なのはやはり人です。担当する営業マン次第で成否が決まることもあります。しかし、営業マンが気に入らないからと言って変えてくれとは言えません。ですから、信頼できる営業マンを探すためには複数の会社の営業マンと話をして依頼する仲介業者を選ぶことが大切です。